「スポーツジム」のアーカイブ

東日本女子駅伝・・・大丈夫?

お揃いのバンドで「がんばろう」福島!/駅伝 
http://www.sanspo.com/sports/news/111113/spg1111130504003-n1.htm

東日本女子駅伝(13日、福島市信夫ケ丘競技場発着、9区42・195キロ)多くの国際的ランナーを輩出し、若手の登竜門でもある東日本女子駅伝は13日、福島市信夫ケ丘(しのぶがおか)競技場発着の42・195キロのコースで熱戦が繰り広げられる。12日は福島市内で18チーム(オープン参加の「チーム絆」を含む)が参加して開会式が行われ、昨年15位の地元福島は主将の斎藤梓乃(23)=しまむら=を中心に団結。「がんばろう! ふくしま」を合言葉に感動を届ける。
http://ekiden.fukushima-tv.co.jp/index.html (ホームページ)

正直、マラソン熱が一気に興醒めするような話。
いくら除染したとはいえ、そこで駅伝競技をやるなんで、主催者もおかしいが、参加者もどうかしていると思う。

復興とか、安全な福島のイメージ回復の為だとか、主催者の思惑もあると思うが、
あまりにも惨い。低線量被曝が人体に影響がないと原発推進学者が提言してい
ますが、(http://www.fepc.or.jp/enelog/)あくまで仮説は仮説である。

実際、政府や御用学者の公式見解とは想定外な出来事があまりにも多いではないか。情報の一側面かつ断片的な部分だけを鵜呑みにして、判断するのはあまりに危険だ。

俯瞰でものをみたら、60キロ離れているとはいえ、マラソンをする事がどれだけ危険な行為かは、子どもでもわかるはずだ。

自分には、ちょっとあり得ない感覚だ。

日本人の、情報リテラシーの低さを露呈しているとおもう。

日本人はどこに向かって走っているのだろうか?

山本太郎「東日本女子駅伝を中止に」発言に主催者が「失礼」

まさかの体重増!

先日26日、ジムでボディプランナーを計測したら、体重が65キロになっていた。
先月より体脂肪は減っているにもかかわらず、1.7キロ増えている。
特に足の筋肉量が増えていた。全身の筋肉レベルも1ランク上がっていた。

しかし、体重が65キロは、ランナーとしては黄色信号だ。
この体重で先日のマラソン走れば、確かにタイムは落ちるのも納得できる。
桜では62.9キロだったので2キロ近くちがう。

確かに体脂肪率は減ったものの、まだまだ落とせるので、
体重を平均の60キロまで落とそうと思う。

昨日、初めてスピード練習をしました。
今まではだらだら10~14キロをLSDで走っていたが、
先日のマラソンでも後半のスタミナ不足が目立ったので、
1キロ4分切るペースで、2キロ走を2セットしました。
今後、スピード練習と、LSDを取り入れて、メニューを考えていきたいと思います。

初合同ランしました。

ここのところ、急に涼しくなりましたが、今週の連休中に胃腸炎になってしまって・・・・
何とか回復しましたが、今週は全く運動していません。
合ランは連休前の金曜日に走りました。
ジムのメンバー達と4人で、午後9時からジムを出発して、大濠公園→百道浜まで行き、折り返して計11キロほどキロ/6分位のペースで走りました。
いつもは公園の周回コースばかりでしたが、たまにはこういった違った道を走るのもいいですね。
道が違うので、普段と違う場所が筋肉痛になりました。
ラン後は、ジムでしっかりストレッチしました。

道中の信号待ちで、iphoneで写メしました。
地図上に表示してクリックするとこんな感じで拡大します。

Pinarello GALILEOをゲット!

まだまだ残暑が厳しいですが・・・
この日は、20時半頃から走りました。
台風の影響か風があってとても走りやすかったです。
ちなにこの日は10キロ走りました。
やはり気温によって、全然ペースが違います。



話題は変わって・・・最近ハイビジョンデレビも然り、アドビのソフトも然り、
今年は、例年にないお買い得イヤーなのです。
本当に財布の紐がゆるみっぱなしです。

というのも、今年に入って、外国為替が安いから、ロードバイク買うなら今しかない!
と意気込んでいたら、思いがけない朗報が舞い込んできました。

ジムのメンバーさんが、自身所有のピナレロ ガリレオを買わないか?ってことで、先日実物を拝見した所、新古車並みに状態がよく、しかもホイールも現行のSHIMANO WH-R550から「MAVIC KSYRIUM ES」へ交換していて、さらに、ポラールの、サイクリングコンピュータ付きで、軽く見積もっても30万以上の代物だったのを、超お安い価格でのご提供だったので、即買いをしました。

最近このパターン多いなあ・・・

現在cannondaleに乗っていますが、
実は、昔ちょこっと、ロードレースに出ていた時期があって、
今は街乗り用として、cannondaleは乗っています。
実際、乗り比べてみると、cannondaleは乗り心地が明らかに硬い感じがしました。
ピナレロは、安定感と、振動を吸収しているように感じました。
おそらく、長時間乗るとその違いがはっきり分かると思います。

自転車と言えど、ロードバイクの世界は、安価な物で7.8万円から、2.30万クラス
50〜100万、100万以上と値段に終わりがない世界です。

所詮自転車だから・・・とあなどったら、火傷しますぜ!
最近、ロードバイク専門の盗難もあるくらいなので・・・・
実際、組み立てが簡単だから、
少しロードの知識があれば、簡単にばらす事ができます。
街乗りでは乗らないほうがいいです。

観賞用として眺めているのもいいかもしれないけど、
折角なので、とりあえず、久々に久留米のセンチュリーランにエントリーしようかな?

その前に、部屋を片付けて、ピナレロのスペースを確保せねば・・・・

    【仕様】

  • 車種:2006年 Pinarello GALILEO
  • フレームマテリアル:デダチャイ・7003-T6トリプルバテッドアルミニウム
  • フォーク:ONDAカーボン
  • バックステー:ONDAカーボン
  • メインコンポーネント:シマノ・ニュー105 10スピード
  • クランク:ピナレロ・M.O.stアルミコンパクトドライブ
  • ホイール:MAVIC KSYRIUM ES/F:645g/R:840g
  • カラー:ブルー/ブラック
  • サイズ:50
<table border=”0″ cellpadding=”0″ cellspacing=”0″><tr><td valign=”top”><div style=”border:1px solid;margin:0px;padding:6px 0px;width:160px;text-align:center;float:left”><a href=”http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/0cb1cc27.4f117542.0cb1cc28.b1c9da88/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fqbei%2f2mavic_013560%2f%3fscid%3daf_ich_link_tbl&amp;m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fqbei%2fi%2f10025402%2f” target=”_blank”><img src=”http://hbb.afl.rakuten.co.jp/hgb/?pc=http%3a%2f%2fthumbnail.image.rakuten.co.jp%2f%400_mall%2fqbei%2fcabinet%2fmavic%2f09_mavic_013560.jpg%3f_ex%3d128x128&amp;m=http%3a%2f%2fthumbnail.image.rakuten.co.jp%2f%400_mall%2fqbei%2fcabinet%2fmavic%2f09_mavic_013560.jpg%3f_ex%3d80x80″ alt=”MAVIC マヴィック Ksyrium SL キシリウム SL チューブラー F&amp;Rペア(Q013560)” border=”0″ style=”margin:0px;padding:0px”><p style=”font-size:12px;line-height:1.4em;text-align:left;margin:0px;padding:2px 6px”>MAVIC マヴィック Ksyrium SL キシリウム SL チューブラー F&amp;Rペア(Q013560)</p></a><p style=”font-size:12px;line-height:1.4em;text-align:left;margin: 0px;padding:2px 6px”>価格:126,000円(税込、送料別)</p></div></td></tr></table>

夏場の水分補給のタイミング?

7月に入り、走るには蒸し暑い季節になりました。
この日も水分補給のタイミングを怠れば、先日のように脱水症状になること必至なので、
かなり意識しながらはしりました。
この日は、日焼け対策のために、初卸のアンダーアーマーの帽子をかぶって走りました。

通気性に優れたランニング用キャップ 数量限定商品UNDER ARMOUR(アンダーアーマー)UAインテイク2キャップAAL3674

通気性に優れたランニング用キャップ 数量限定商品UNDER ARMOUR(アンダーアーマー)UAインテイク2キャップAAL3674

商品説明素材ポリエステル100%特徴メッシュ素材を使用したエアー吸収構造により通気性に優れる。内側にUAヒートギアファブリックを使用し、常にドライで快適。フィット感に優れた6枚パネル構造。ツバ部分にリフレクトプリント付き。フロントにリフレクトUAロゴ。バックには伸縮バンド付き。サイズONEサイズカラーブラックホワイトご注意画像と商品と若干カラーが違う所がございますのでご了承ください。お洗濯の際は表示をよく見て表示に従って下さい。UNDERARMOURの通気性に優れたランニング用キャップ 数量限定商品

と通気性のよいキャップでしたが、風が吹くたびに、

つばがやけに長いためか、つばが「パカパカ」動くのが気になりました。

先月は、膝の痛みが気にしながら、走っていましたが、ここ数回は膝に全く痛みも無く軽快に走れてます。

ダイエットの成果かもしれないです。

ここ1ヶ月は、順調に体脂肪率も体重も落ちてきていました。

次回の計測が少し楽しみです。

長距離走っても、膝に負担をかけないように、バーベルスクワットを40キロ 12回 3セットやってます。

しかし、油断は禁物ですね。
無理はいけません。特に夏場は、脱水しやすいですから・・・
昨日も8キロ走行して、自販機に直行しアミノサプリを補給しました。
ほぼ一気に飲み干しました。そして一気に汗が噴出しました。
でも、本当は5キロの地点で一回補給したいところです。
今後検討したいと思います。

危うくベンチプレスで大やけどするところでした。

先日の日記で70キロの大台に達したことで、あれから夕食時に、炭水化物を控えて、豆腐、納豆、トコロテン、卵と植物性タンパク質中心の食事に切り替えたところ、体重が約3キロ減りました。

今日ジムで、久々にボディプランナーで全身を計りました。(詳細はプロフールへ)すると、筋肉量は減らさずに、体脂肪と内臓脂肪のみで落ちているのが分かりました。

よく有酸素運動中心に切り替えると、筋肉も一緒に落ちてしまいますが、運動内容は以前と変えませんでした。

嬉しいことに、今日腰に巻く皮のベルトの穴が3つ目だったのが2つ目で止まるようになってました。

はじめて痩せたことを実感!

さらに、その後痩せたことで、危うく大やけどしそうになりました。

ベンチプレスの折り返し(2回目)の80キロ/10レップで自滅!!

横にスライドして体を逃がそうとしたら、首が圧迫しそうになり、一瞬最悪な事態が脳裏をよぎりました。

幸い知り合いのメンバーさんが、僕の慌てふためく様子に気付いて、バーベルを持ち上げてくれたので、助かりましたが・・・・

本当危うく大やけどでした。

本当危なかった・・・ベンチプレスはくれぐれも気をつけよう・・・

復活!

約1ヶ月ぶりにスピニングに復帰しました。
若干の違和感ある程度でした。
このブログたびたび出てくる
「スピニングって」一体何?

圧巻!ビルの屋上でspining!やっぱ本場はやることが桁違いやね。

スピニングとは、アメリカを中心に全世界に普及し、現在も老若男女を問わず多くのファンの間で楽しまれている、シンプル且つ完成度の高いバイク・エクササイズです。

創始者はジョニー・G(ゴールドバーグ)。 その歴史は、1984年、前年のアメリカ大陸横断レース(RAAM)に出場し完走わずか100マイル手前で、途中で棄権するという結果になったジョニー:ゴールドバーグ(ジョニーG)は自宅のガレージでトレーニングを開始します。 飽きないように音楽をかけ、時間が経つのも忘れて漕ぎ続けたそうです。そうして迎えた翌年のレースでは見事に完走、その後もRAAMの記録に名を残して行く事になります。 彼の完走を聞きつけた仲間達が一緒にトレーニングさせて欲しいと彼のガレージに集まります。こうして、レベルの違う参加者が同時に楽しみ向上して行くエクササイズの誕生を迎えるのです。

1994年、アメリカの自転車メーカー「シュウィン社」と協力し、ついに「スピニングバイク」と「スピニングエクササイズ」が完成しました。 そしてその波は留まるところを知らず世界中に広がって行く事になるのです。

1996年、アメリカで日本人初のスピニング認定インストラクターが誕生します。 名は時野谷光弘(USA11832)。 彼は、当時すでに全米で大ヒットしていたスピニングに魅せられ、高いレベルのスピニングレッスンのノウハウとジョニー・Gの志を胸に1996年に帰国し、それを多くの日本人に伝えました。 しかし、従来のエアロビックトレーニングとは一線を画すスピニングというプログラムの特異性と、ある程度実施するための環境を選ぶこともあり、これまで日本では欧米のような条件が揃わず、普及速度は早くはありませんでした。 それもここ数年のフィットネス・ブームによって、徐々に払拭されつつあります。

っていのが簡単な発祥の歴史ですが、要は、室内で、ノリの良い音楽をかけて、イントラが曲にあわせて、スピニング独自のポジションを駆使し、有酸素レベルを高めるエクササイズです。
見た目以上にキツイのです。実にエアロビクスの1.5倍程の運動量です。
かなり大量発汗するので、人によっては、床がびしょびしょに濡れるので、下にタオルを置いてやります。

ぼくはこのエクササイズを6年くらいやってますので、かなりライフスタイルに必要不可欠になってますが、
普通の人は、最初かなりきついので、ハマルひとと離脱するひとの明暗がはっきりしてますね。
でもハマルと僕みたいに結構何年もやっている人が大半です。

今はなんかお手軽感のあるエクササイズや、キツイなく楽して痩せようという安易な風潮が相変わらず根強いのですが、
楽チンでお手軽なだけにすぐに飽きるものが多いです。

その点を考えると、時代に逆行していますが、リピーターは確実に増えてくると思います。
一時期、「ビリーズブートキャンプ」がはやった時は、ハードなトレーニングがこれから流行るかなあと、期待していましたが、
一時期のブームで終わってしまいましたね。

このスピニングは時代のはやりすたりは関係なく、だれでも、取り組めば確実に痩せるし、何よりやることで充実感や達成感を得ることが出来る、
唯一無二のエクササイズだと思います。

ジムで筋トレ(上半身)

膝も随分回復したので、筋トレ(上半身)も足を着いても大丈夫になりました。
でも、以外に上半身を鍛えるにも足にも負担がかかることがよく分かりました。
ベンチプレスもアームカールもサイドレイズも膝が痛いので、足を浮かしたり、座ったりして、足を着地しないでやっていました。
しかし、それがかえって、普段やっている同じウエイトでもかなりキツイので、質の高いトレーニングになりました。
そろそろ有酸素運動をしてもいいかと思います。
日曜日に久々にスピニングを受けてみようかと思います。
ラン復帰は、スピの反応で決めたいと思います。