「2011年11月」のアーカイブ

デスクトップPCを買い換えました。

デスクトップPCを実に6年ぶり?!に買い換えました。
以前のはスペックが低すぎて、アドビソフト(CS5)の作業がかなりのストレスだったので、今まで編集はノートPCでやっていました。
でもそのノートPCも3年前なのでスペック的には決して快適ではなかったので、今回思い切って買っちゃいました。
しかも格安で!オークション相場では7万円後半ですが、6万円代でゲットしました。
OSはウィンドウズ7Home Premium が内蔵ですが、OSソフト自体ははありませんでした。DELに問い合わせたところ、
ソフト関係をインストールして、作業環境を整えた段階で、リカバリーディスクを自分で作成しないといけないそうです。バックアップみたいなものですかね。
もしOSを購入する場合は、単体で販売しているパッケージ版よりもOEM(DSP)版が安く購入できます。
「DELL XPS 8300」ですが、ケースがとてもスタイリッシュでカッコいいです。気に入ってます。
しかもこれから、24インチワイドモニターで、自宅でもサクサクと快適に、サイト編集やグラフィック製作ができます。
グラフィックをする上でPCが快適に出来るのは、かなりのストレス軽減になります。
その部分はかなり大きいです。
そういう意味では「DELL XPS 8300」は、グラフィックをするには、十分過ぎるスペックだと思います。(メモリも最大16ギガまで増設可能)
スペックは下記のとおりです。

【DELL XPS 8300 DX77T-SL】
★Core i7、8GBメモリ搭載、最高の基本性能★THXR TruStudio PCTM サウンド 搭載リアルな音響、はっきりした音声会話、音量のスムーズな変化によって、高品質な音楽と臨場感ある動画を実現★万全なセキュリティーが3年間もついてく る
■型番:DX77T-SL(ピアノブラック )
■OS:WindowsR 7 Home Premium 正規版 (日本語版) 64ビット
■CPU:インテルR Core? i7-2600 プロセッサー (3.4GHz、 8MB L3 キャッシュ)
■メモリ(最大):8GB(16GB)
■光学ドライブ:DVDスーパーマルチドライブ
■ハードディスク:1TB
■グラフィックス:ATI Radeon HD 5450
■無線LAN:-
■有線LAN:10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-T
■OFFICE:-
■ウイルスソフト:マカフィーR セキュリティセンター(36ヶ月)
■USBポート:USB2.0×8(前面2、上面2、背面4)
■カードスロット:19メディア対応カードリーダ/ライター
■ディスプレイ:24インチワイド (ST2410)
■本体重量:約10.2kg
■寸法(幅/奥行/高さ):186 × 455 × 408mm

東日本女子駅伝・・・大丈夫?

お揃いのバンドで「がんばろう」福島!/駅伝 
http://www.sanspo.com/sports/news/111113/spg1111130504003-n1.htm

東日本女子駅伝(13日、福島市信夫ケ丘競技場発着、9区42・195キロ)多くの国際的ランナーを輩出し、若手の登竜門でもある東日本女子駅伝は13日、福島市信夫ケ丘(しのぶがおか)競技場発着の42・195キロのコースで熱戦が繰り広げられる。12日は福島市内で18チーム(オープン参加の「チーム絆」を含む)が参加して開会式が行われ、昨年15位の地元福島は主将の斎藤梓乃(23)=しまむら=を中心に団結。「がんばろう! ふくしま」を合言葉に感動を届ける。
http://ekiden.fukushima-tv.co.jp/index.html (ホームページ)

正直、マラソン熱が一気に興醒めするような話。
いくら除染したとはいえ、そこで駅伝競技をやるなんで、主催者もおかしいが、参加者もどうかしていると思う。

復興とか、安全な福島のイメージ回復の為だとか、主催者の思惑もあると思うが、
あまりにも惨い。低線量被曝が人体に影響がないと原発推進学者が提言してい
ますが、(http://www.fepc.or.jp/enelog/)あくまで仮説は仮説である。

実際、政府や御用学者の公式見解とは想定外な出来事があまりにも多いではないか。情報の一側面かつ断片的な部分だけを鵜呑みにして、判断するのはあまりに危険だ。

俯瞰でものをみたら、60キロ離れているとはいえ、マラソンをする事がどれだけ危険な行為かは、子どもでもわかるはずだ。

自分には、ちょっとあり得ない感覚だ。

日本人の、情報リテラシーの低さを露呈しているとおもう。

日本人はどこに向かって走っているのだろうか?

山本太郎「東日本女子駅伝を中止に」発言に主催者が「失礼」