東日本女子駅伝・・・大丈夫?

東日本女子駅伝・・・大丈夫?

お揃いのバンドで「がんばろう」福島!/駅伝 
http://www.sanspo.com/sports/news/111113/spg1111130504003-n1.htm

東日本女子駅伝(13日、福島市信夫ケ丘競技場発着、9区42・195キロ)多くの国際的ランナーを輩出し、若手の登竜門でもある東日本女子駅伝は13日、福島市信夫ケ丘(しのぶがおか)競技場発着の42・195キロのコースで熱戦が繰り広げられる。12日は福島市内で18チーム(オープン参加の「チーム絆」を含む)が参加して開会式が行われ、昨年15位の地元福島は主将の斎藤梓乃(23)=しまむら=を中心に団結。「がんばろう! ふくしま」を合言葉に感動を届ける。
http://ekiden.fukushima-tv.co.jp/index.html (ホームページ)

正直、マラソン熱が一気に興醒めするような話。
いくら除染したとはいえ、そこで駅伝競技をやるなんで、主催者もおかしいが、参加者もどうかしていると思う。

復興とか、安全な福島のイメージ回復の為だとか、主催者の思惑もあると思うが、
あまりにも惨い。低線量被曝が人体に影響がないと原発推進学者が提言してい
ますが、(http://www.fepc.or.jp/enelog/)あくまで仮説は仮説である。

実際、政府や御用学者の公式見解とは想定外な出来事があまりにも多いではないか。情報の一側面かつ断片的な部分だけを鵜呑みにして、判断するのはあまりに危険だ。

俯瞰でものをみたら、60キロ離れているとはいえ、マラソンをする事がどれだけ危険な行為かは、子どもでもわかるはずだ。

自分には、ちょっとあり得ない感覚だ。

日本人の、情報リテラシーの低さを露呈しているとおもう。

日本人はどこに向かって走っているのだろうか?

山本太郎「東日本女子駅伝を中止に」発言に主催者が「失礼」

Trackbacks & Comments

Trackback URL for this post:

Leave a Reply


»
«